沖縄のお米は琉球食糧株式会社へ プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ

お米あれこれ


CONTENTS お問い合わせ
琉食のこだわり米 山形米 福井米
CMコレクション

Fマークは品質保証のマークです。 こだわり製造、安心・安全の製品。日本精米工業会が認定した工場がこだわり製造したお米についています。

品質食味Fマーク

なぜ日本の主食はお米なのか?

食事は「主食」と「副食」から構成されるものだと考える民族は、主に東アジア、東南アジアに分布しています。日本人もその一民族です。

主食は、その地域に生活する人々が活動に必要なエネルギーを取るために食べているものですが、どのような作物が主食として選ばれるのでしょう。
日本ではお米が主食ですが、ムギやイモ類、トウモロコシなどを主食にする国もあります。
それぞれの国の主食は、その土地で栽培するのに最も適した作物が長い間に定着してきたものです。

日本の主食がお米の理由

お米が日本人の主食となった理由は、日本の気候にはイネが良く育つ条件がそろっていたことです。
稲というのは、気温が高く雨が多い、水が豊かなアジアの国々の気候・風土によく合い、たくさんとれるのです。 日本は初夏には梅雨があって雨が多く、夏には気温が熱帯と変わらないくらいに高くなります。 それで日本の気候や風土がイネの栽培にはとても合っているのです。

また、お米は毎年安定した収穫が得られ、長い間保存する事が出来ることも主食になる要因です。 収穫が少ない時も保存したものを食べられる主食のお米はまさに「命の源」といえます。 そしてお米は日本人の好みに良く合った食べ物であることが1番なのかもしれません。

このページのTOPへ